トップページ > ご挨拶

ご挨拶

 全国国公立大学病院集中治療部協議会のホームページを2016年1月に立ち上げました。本協議会は昭和61年(1981年)3月に全国国立大学病院集中治療部長会議として発足しました。その後国国立大学病院集中治療部協議会と改名し、平成23年からは全国国公立大学病院集中治療部協議会として国立大学42校、公立大学8校、準公立大学3校の53校からなる大所帯となっております。
 本協議会が日本の集中治療医学発展に大きな役割を果たしてきたことは紛れもない事実です。平成26年度から集中治療室管理料が層別化されましたが、その条件として提示されたものの多くは20年以上前に我々の先達が本協議会で真剣に議論されてきたものでした。すなわち一朝一夕に事が運んだわけではなく、延々と積重ねられてきた努力の結果であったことが分かります。
 これに限らず、今回、過去の本協議会の議事録資料などをまとめることで本協議会が日本の集中治療の発展に大きく寄与して来たことが明らかとなりました。協議の結果、これらの資料を広く公開すること、各加盟施設の連携をさらに深めることが必要との意見が出され、それを受けて協議会に参画する53校の一致した賛同のもとに、このホームページを立ち上げることとなりjuhaicu.jpというドメイン名を取得しました。これはJapanese University Hospital Association of Intensive Care Unitの頭文字を取ったものです。今後もメーリングリストなども整備し、横の連携を密に行っていく所存です。協議会の皆様はもとより、このホームページにお立ち寄り下さった方々にもぜひこの趣旨を理解いただき、日本の集中治療の発展のために邁進する本協議会にお力添えいただければと願う次第です。

 なお現在、第1-4回の議事録および資料が入手できておりません。もしこれら資料をお持ちの方がおられましたら、ぜひ事務局までお知らせ下さい。

平成30年4月1日
暫定事務局 京都府立医科大学 橋本悟